Q&A

Q&A

よくあるご質問を以下にまとめました。
Q. 乳歯は生え変わるのに、むし歯治療は必要?
A. 乳歯のむし歯をそのままにしておくと、永久歯の歯並びや歯質に悪い影響があります。
乳歯は永久歯と比べ痛みを感じにくい特性があります。むし歯が痛くないからとそのままにし、早い時期に乳歯を失うと隣り合っている歯が移動してしまい、永久歯の生えるスペースが確保できなくなります。その結果、歯並びに影響がでたり、永久歯が正常に生えてこれなくなる原因となります。
Q. 治療を嫌がり、歯医者へ行けそうにありません
A. お子さまになぜ治療しなければいけないのかを根気よく説明してあげてください。歯医者へ行くのにウソを言って連れて行くことは、大人への不信感につながってしまうこともあるので、できるだけ避けたほうが良いです。当院では、お子さまが自ら進んで行くのが楽しくなるような医院づくりを心掛けております。ぜひ一度ご来院ください。
Q. 何歳から診てもらえばいいの?
A. 生後6ヶ月~1歳にかけて下の前歯が生え始めます。むし歯がなくても1歳前頃から歯医者さん慣れしながら、正しいむし歯予防の知識を身につけることをお勧めいたします。当院ではお子さま一人ひとりに最適な予防プランをご提案いたします。
Q. フッ化物塗布が歯にいいと聞きました。いつから始めればいいですか?
A. 乳歯・永久歯に関わらず、生えた直後に塗るのが最も効果的です。(約1歳6ヶ月、体重10kg超が目安です)ただし、フッ化物はむし歯予防の万能薬ではありません。塗ったからといって安心せず歯みがきの習慣やきちんとした食生活をすることが大切です。
Q. 1歳半を過ぎていますが、眠くなるとぐずるので母乳を飲みながら寝てしまいます。むし歯が心配ですが、大丈夫でしょうか。
A. 母乳育児は、栄養学的利点のみでなく、子どもの精神的安定に効果があることがわかっており、乳児期にはできるだけ続けたいものです。しかし、この時期はハミガキをきちんとすることが難しいと思われます。同時に色々と食べるようになり飲食物に含まれる糖質によってむし歯の原因菌が歯の表面に付着しやすくなります。そこで母乳を飲みながら寝てしまうと、むし歯のリスクは高まります。
Q. キシルトールを食べれば歯は磨かなくていいの?
A. 歯みがきは必ず必要です。キシリトールをとるとプラークがブラッシングによって落ちやすくなるということで、ブラッシングが必要でなくなるわけではないのです。
Q.矯正治療はいつから始めたらいいですか?
A. 歯並びの状態やあごの形によって異なります。目安として上下の前歯が永久歯に交換したら、将来の歯並びの予測が可能となりますので、気になる場合はご相談ください。
一見、正常に見える歯並びやかみ合わせでも、成長とともに変化します。とくに、近親者の方に歯並びの悪い方がいる場合は、遺伝的要素が大きく左右しますので早めの受診をお勧めします。
Q.よく顔から転び、歯ぐきから血が出ることがあります。歯は大丈夫ですか?
A. 歯がぐらついたり、曲がった位置に移動してしまった時には、もとの位置にもどして、しばらく固定する必要があります。そのような症状が無くても、歯の神経がダメージを受け、しばらくしてから歯が変色してしまうこともあります。
けがをした場合は、歯の寿命が短くなったり永久歯に悪影響を及ぼす可能性があるので、できるだけ早めの受診が望ましいです。
ご予約・お問い合わせ
076-239-4180
診療科目:小児歯科・矯正歯科
日本小児歯科学会

ページの先頭へ