MKDCの特徴

MKDCの特徴

MKDCでは、お子さまができるだけ怖い思いをせずに治療を受けられるよう
小児歯科専門医として「お子さまへのこだわり」を持っています。
ここでは、その一部をご紹介します。

ラバーダム防湿法

保護者の方々には馴染みがないかもしれませんが、
私たち小児歯科医にとってなくてはならない道具がこの「ラバーダム」です。
なんだか大変そうですがやってみると何でもありません。
安全でクオリティーの高い治療を行うためのこだわりの一つです。
もちろんお子さまにも十分にご説明した上で行いますのでご安心ください。

笑気吸入鎮静法

低濃度の笑気ガスを吸入してもらうことで、
リラックスした状態で治療をうけることができます。
会話が出来る程度ですので、ご安心下さい。
治療が終って酸素を吸うことで、すぐに薬が分解され、
元の状態に戻ります。
体には全く影響がありませんのでご安心下さい。

無痛麻酔への挑戦

麻酔の痛みの主な原因である注入速度を
コンピューターで制御し、お子さまの負担を
最小限に抑えます。もちろん麻酔の前には
表面をしびれさせる表面麻酔を行います。
さらに日本で最も細い針「33G」を使用します。
麻酔中はメロディーが流れ楽しく麻酔を行うことが可能です。

デジタルレントゲン

きちんとした診断を行う上でレントゲンの必要性は
非常に高いと考えています。
当院ではデジタルレントゲンを導入しております。
デジタルレントゲン放射線被ばく量は、
従来のレントゲンの1/10以下です。

行動変容法

行動変容法とは、スムーズに診療を進めるための
トレーニングです。専門的には系統的脱感作、
T.S.D法、オペラント条件付けなどの学習理論を
用いて恐怖感を取り除いていきます。

カリオスタット

お口の中のむし歯菌を培養することで
むし歯菌の強さがわかります。
むし歯のなりやすさを知って
しっかりケアすることが大切です。
ご予約・お問い合わせ
076-239-4180
診療科目:小児歯科・矯正歯科
日本小児歯科学会

ページの先頭へ